35mmレンズこそ本当の標準レンズである

50mm神話と慣例

50mmが標準レンズだと言う神話は根強い。世の中のカメラのスタンダードを生み出したライカが50mmを様々なカメラにセットして以来、50mmが標準レンズと呼ばれてきた。しかし、50mmが標準レンズと言われるのはただの慣例のようなものである。そして、慣例は時として問題をおこす。

50mmという画角は狭い

はじめてカメラを使う人が50mmが標準レンズだから使いやすいと思い買ったり、カメラ屋の店員が標準レンズだからという理由で50mmのレンズを勧めたりする。しかし、50mmという画角は狭い。室内で使うには狭い画角だし、風景の一部を切り取るとこはできるが風景を目で見たように写し込むには狭い。ここではもちろんフルサイズのカメラで換算50mmの話をしているがAPS-Cのカメラで50mmのレンズを使ったりすると換算75mmになり、目も当てられない。

近づける場面は多いが離れられる場面は少ない

対象物に近づけば大きく狭く写すことができるし、対象物から離れれば小さく広く写すことができる。そうやって足を使って画角を調整することができるが、モノに近づくのは簡単だけど離れるのは難しいという場面は多くある。部屋には壁があるから物理的に離れられる範囲は限られるし、テーブルフォトを撮るときには席を立たないといけない。画角が狭いレンズを持つと引いて撮りたいときに引けないで困ることが多い。

標準レンズ=もっとも使いやすいレンズ

標準レンズの定義を「もっとも使いやすいレンズ」と定義しよう。もっとも使いやすいものが初心者の手に入るべきだし、もっとも使いやすいものが標準となるべきだ。とすると、50mmは上記の理由から標準レンズと呼ぶべきでないと思う。使える場面が限られるからである。ならばなにを標準レンズとするべきなのか。35mmである。35mmは使いやすい。見ている風景を写し込むことができるし、イスから立たなくてもテーブルフォトが撮れる(最短撮影距離によるけれども)。さらに言えば寄れば50mm的に被写体を切り取って写すこともできる。まさに万能である。

28mmではダメか

35mmより広角でポピュラーな画角に28mmがある。28mmが標準レンズではダメだろうか?ダメである。28mmは広角レンズ特有の歪みが大きい。端にある被写体が伸びて写ってしまう。少しでも水平から歪むとパースがかかる。なので、メインの被写体を端に持ってくることが難しい。構図が限られるレンズを標準レンズと呼ぶわけにはいかない。その点、35mmは歪まない。現在の設計技術で広角の歪みがないレンズは35mmまでである。広く写せる画角を持ちつつ、広角の歪みがない。これが35mmが標準レンズたる一番大きな理由である。

ズームレンズではダメか

ズームレンズは便利なレンズである。しかし、重くて暗い。暗いとボケが得られず、表現が狭まってしまう。また、ズームは便利であるが単焦点でも足を使って被写体との距離を変えればズームと同じ効果を得ることができる。もっとも、望遠域になれば運動会などの寄れない場面で力を発揮できる。ズームレンズは便利なレンズであるが、ボケ量が少なく標準域ではズームの意味があまりないため標準レンズとは呼べない。

35mm神話

35mmが標準レンズと呼ばれるべき理由はとどのつまり、「広く写せる画角であり、広角レンズ特有の歪みがない画角である」からである。この画角が一番使いやすい。この画角を平成の最後の夏に標準レンズと定めたい。