平成生まれの私がフィルムカメラ「CONTAXT2」を買った話

わたしは平成生まれで、カメラに興味をもった時にはもうデジタルカメラが主流でした。フィルムカメラはマニアックな玄人が使うものというイメージで興味も持たずにいました。何年かカメラをやっているとふとした時にフィルムカメラでとった写真に出会うことがあります。instagramで写真を探している時だったり、写真展でフィルム写真コーナーがあったり、写真スポットで写真を撮っている横の人のカメラがかっこいいなあと思っているとフィルムカメラだったり。そんなこんなでフィルムカメラに興味を持ち始めました。ネットで情報を集めていると、結構な数のカメラがあることにまず驚きました。フィルムによって描写が違うことも魅力的で、気がつけば買うことを前提で「どのカメラにしよう」と悩んでいる状態でした。

CONTAXT2に決めた理由

レンズ一体型のカメラにしようと思ってたんです。フィルムというだけで選ぶのにパワーを使うのに、レンズ選びまでにパワーを使う余裕はないだろうなと。撮り方としてもさっと取り出してさっと撮る。そんな使い方を期待していたのでコンパクトなレンズ一体型のカメラにしようと思ってたんです。あとは具体的な機種選び。ネットを見てるとCONTAXT2とCONTAXT3がすごく推されてたんです。ZEISSレンズということ、35mmという画角、見た目の高級感と割安感。もう言う事なしでした。あとはどちらにするかですが、T2のほうが安い。そして描写が古めかしい。周辺減光はすごいのに色乗りは良くてフィルムっぽい描写だなあと思って、T2をターゲットにネットで探しました。しばらく探すと楽天市場で状態がよくそこそこの値段のものを見つけて購入しました。

CONTAXT2の撮り心地

フィルムカメラって撮るまでにいろいろな操作が必要なものだと思っていました。でも、フィルムをポンと後ろから入れれば、後は自動で撮影できる状態にしてくれます。CONTAXT2はAFもAEも効きます。絞りもレンズに付いているリングで変更できます。AFは迷うことはありますが、抜けることはあまり無いように感じました。フィルムのとっつきにくさを感じさせないフィルムカメラです。

フィルムカメラのシャッターを押した後の音や、なかでフィルムが動いている感覚はデジタルにはないもので、おおっ!と感動しました。一枚の重みってこういうことかと。フィルムカメラのほうがユーザー体験という面ではいい仕事をしてくれます。撮影のテンポ、テンションがデジタルカメラとは変わります。とりあえず撮っておこうか、と思って撮ることがデジタルではよくありました。結局あとから削除するんですが、、、。フィルムで撮った写真は一枚一枚が大切です。写真を見るとどんな気持ちで撮ったかを思い出せます。CONTAXT2を使ってフィルムカメラにハマりそうです、、、。

CONTAXT2 × Velvia100 作例

ここからは、CONTAXT2で撮った写真。フィルムはFUJI「Velvia100」。色乗りが良く、彩度が高いと評判のフィルムです。

作例は、高野山へ列車で行ったときのものです。まず、カメラの特徴としてボケが素直です。そして、キレがすごい。ここまで写るフィルムカメラなかなか無いです。

フィルムの特徴も一緒に。赤がすごく出ています。でも、色温度的には低めで青によっているので不思議な雰囲気ですね。

金属の描写がエロいですね。ヌメッとしていて質感が伝わります。

周辺はかなり落ちますね。でも良い味です。後ろボケにもクセがなくて使いやすいです。

アンダー目にとるとこんなかんじ。カメラのおかげかフィルムのおかげか。雰囲気のある良い描写です。