山と道のサコッシュをレビュー!わたしはタビチビトートの方が好き。

アイコンは海坊主だけど山にも登ります。こんばんは。ふかいくろです。山が好きでたまにぷらぷらと登りに行きます。今風にいうと山ガールです。山で使うアイテムでコダワリたいのがバッグ関係。特に触る頻度が高くて使い心地が大事なのがサコッシュです。サコッシュはよく使うものを入れておいてさっと取り出すためのショルダーバッグ。たくさんのブランドから色々なサコッシュが出ています。そんなサコッシュのなかでも一番人気といっても過言ではなさそうな山と道のサコッシュ。こちらをレビューしたいと思います!

デザインと機能

わたしが購入したのはDyneema X Cridstop JetBlackというモデル。街でも使いたかったので暗めの色かつ真っ黒は嫌だったのでこのモデルにしました。

B180804 7

ほぼ四角のボディです。地図や書類を入れるのに便利です。A5サイズまでの書類はすっぽり入ります。マチも少しあるので10枚程度の書類ならしまうことができます。上部にはループが取り付けてあるのでサコッシュを開くときやどこかに掛けるときに使えて便利です。

裏面

B180801 2

B180801 3

ロゴ

B180801 4

前面にあるポケットにモノを入れるといつも落とします。素材にハリが無く深さもないのが原因かと思います。わたしはここにモノを入れるのをやめています。

ストラップは紐を引っ張るだけで簡単に締めることができます。緩めるのも簡単なので普段は身体に密着させてハイキングをして使うときにパッと緩めて使うということができます。ここらへんの使い心地の良さはさすが人気のブランドのアイテムだなあと思います。

好きなところ

軽い

なんと言っても軽いです。公称56gで肩からかけているのがわからないくらいです。山で歩くときは少しでも装備の重さを無くしたいのでとても嬉しいです。街でぶら下げていても軽くてPlay Walletを入れて歩くくらいならほとんど重さを感じません。また、旅行リュックに入れておいて現地をふらつくときに取り出して使うといった使い方もしやすいと思います。

四角くて書類が入れやすい

最近のサコッシュは変形のサコッシュが多いです。ローローマウンテンワークスのタビチビトートなども不思議なカタチをしています。その点山と道のサコッシュは真四角なので書類が入れやすいです。また、上面もマジックテープで止めてあるだけなのでその点でも出し入れがしやすくなっています。ハイキング中の地図はもちろんのこと、色々な場面で書類の出し入れがしやすいことが役立つなあと思います。

ストラップが幅広

山と道のサコッシュはストラップが幅広です。幅広なおかげで多少思いモノを入れても荷重が分散されて肩が痛くなりにくいです。ストラップは滑りにくい素材でできていてしゃがんだときなどにストラップがずり落ちてくることが無いようになっています。

イマヒトツなところ

デザイン

あんまりカッコよくないと思うんです。山で使うなら良いとして街で使うには機能面によりすぎな気がして使えません。カジュアルすぎるなあと。タビチビトートくらいならギリギリセーフです、わたし。また、素材が固くないのでどこかに引っ掛けると真ん中で折れます(最初の写真を参照)。肩から掛けているときもモノを少ししか入れないと真ん中で折れるので引っ掛け心地が悪くなったり見た目が悪い状態になります。

前面のポケットにモノを入れると落ちる

一度書きましたが前面のポケットが使えません。重いものを入れるとバランスが悪くなるし、すぐ落ちちゃいます。公式の商品説明ページでも前面のポケットに重いものを入れないでって書いてありますし、どうにかならないかなと思います。

山と道のサコッシュ買おう

ネガティブな面も書きましたが山で使うには軽くてストラップの調整もしやすいのでおすすめのサコッシュです。あまり取扱い店がないので山と道の公式ショップで買うか下の記事のショップで買っていただけたらと思います!

Play Walletや山と道などのレアなアイテムが買えるオンラインショップ